確実なペニス増大の方法とは?

ペニスを増大させるトレーニングとしてはペニスに流入する血液の量を増やすためにPC筋を鍛えるとか、血管を太くするというようなものがあります。
これらは自宅で手軽に始められる反面、効果を実感するのに時間がかかりそうです。

 

この様なトレーニング以外にペニスを大きくする手段はあるんでしょうか?
確実に、物理的にペニスを大きくする方法について調べてみました。

 

太っている人は痩せればペニスが大きくなる?

お相撲さんを想像してみてください。
彼らは太っていることが商売の一部のようなものなので、お腹が大きくせり出しています。

 

結果として、ペニスがお腹の脂肪に埋没するような形となっています。
体内に根本が引き込まれるような感じですね。

 

 

もしあなたのお腹が中々に立派だとしたら、改善の余地ありです。
お腹部分、特にペニスの根本の真上あたりの脂肪がなくなれば、体内に引き込まれていたペニスの根本部分が出てくる形となりますので、ペニスが長くなります。
要するに、痩せればいいということですね。

 

しかし簡単に痩せるといっても言うは易し行うは難しという言葉の通り、そう簡単には痩せないものです。
それに、かなり痩せている人でもこのペニスの根本の真上あたりには脂肪がついているもので、ここの脂肪をピンポイントで落とす、というのは無理があります。

 

そこで、包茎手術などを専門としているクリニックではペニスとつながっている靭帯を引きはがす等の手術でペニスを体内から引き出すことで長さを長くする、、という手術を行っているところがありますので、気になる方は1度相談してみてはいかがでしょうか?

 

ペニスを大きくする手術

 

専門のクリニックではペニスを長くするだけではなく、太く、大きくするタイプのペニス増大手術を提供しているところがあります。
主にペニスの竿側を大きく、太くする手術と亀頭部分を大きく、太くする手術があるようで、それぞれ異物を注入することで大きさを稼ぎます。
調べてみたところ、下記のような物質を注入するようですね。

 

竿を大きくする場合に注入する物質

本人の脂肪(別の部位から採取)、ヒアルロン酸、コラーゲン、アクアミド他

 

亀頭を大きくする場合に注入する物質

本人の脂肪(別の部位から採取)、ヒアルロン酸、、アクアミド、ダーマライブ等

 

物理的に大きくしたい部分にこれらを注入するわけですから、大きくなる、という意味では確実性があるかと思います。

 

しかし、脂肪、コラーゲン、ヒアルロン酸等の成分は時間の経過とともに体内に吸収されてしまうため、半年から1年程でもとの大きさに戻ってしまいます。
そのため、大きさを維持したいと思うのであれば、継続的・定期的に脂肪なりコラーゲンなりの注入をする必要があります。

 

アクアミド、ダーマライブ等は体内に吸収されにくいとされていますが、長期的に使用した場合の安全性の確立等、不安要素があることも確かです。

 

これらのリスクやコストを考慮した上で納得できるのであれば確実にペニスを増大させる方法として検討してみるのも良いでしょう。

関連ページ

ペニスのストレッチでペニス増大化に成功!
ペニス増大のトレーニングの最初の一歩は、ストレッチです。具体的なやり方を紹介します。
ペニス増大トレーニング〜血管を太くしてペニス増大
血管を太くしてペニス増大をはかる方法をお伝えいたします。
知っておきたいぺニス増大サプリの副作用
ペニス増大サプリで気をつけなければいけないのが”副作用”ですね。せっかくペニスの増大に成功しても、肝心の身体に不具合があっては意味が無い・・・